株式会社スタンディングポイント

古着買取、ブランド品買取、金プラチナ買取、様々なリユース事業を展開

お問い合わせ



社長ブログ ~キラキラ奮闘記 今この瞬間の連続が未来を創る~

人格を高める

良い習慣が人格を高める。

良い習慣は、何気ない日常の自身の行動により積み重ねられ、無意識で行われるもの。

私は幾ばかりかの読書や先輩の教えから、そう理解しています。

 

夜になれば眠くなる。

朝起きたら顔を洗う。

出かける前に鏡を見て身だしなみを整える。

これらは普段の何気ない習慣。

 

人格者には良い習慣が多い。

 

・何かして貰ったり、助けて貰ったり、助言を貰ったら、ありがとうと感謝する。

・何か自分がミスしたり、失敗したなら、言い訳せずに、素直にごめんなさいと謝る。

・自分から明るい声と笑顔で挨拶をする。

 

この3つ、どれが習慣化されても良い習慣だと思います。

が、すべて相手が存在します。

 

自分自身の事が出来ているだけで「あの人、素晴らしい人だよね。」「あの人は出来た人だよね。」と呼ばれる事はありません。

 

つまり、他が為に何か行動する姿に言葉に心が動かされるという事。

 

人格を高めたいのなら、他が為に、自らの時間なのか、口(言葉)なのか、金銭なのか、何でも良いが、他が為に使うしかない

と言っても過言ではないと思います。

自分を他が為に使わない、使えないのであれば、上司、教育者は不向きであり、降りるべきだと私は思います。

見返りを求めるような恩着せがましい言動は、その人の器の小ささを表してしまうものだと思います。

 

自分の時間(手間)、お金(部下、年少者には時折奢るなど)、口(アドバイス、激励)を使う。

もちろん、私自身、こう考えているレベルでは習慣化されていないわけで。。。

こう記しながら、自分に言い聞かせてます。

top