株式会社スタンディングポイント

古着買取、ブランド品買取、金プラチナ買取、様々なリユース事業を展開

お問い合わせ



社長ブログ ~キラキラ奮闘記 今この瞬間の連続が未来を創る~

自筆証書遺言の緩和

1月13日に施行されました自筆遺言。

これまでの民法では財産目録を含め、全文手書きという縛りがありました。

1月13日以降の自筆遺言はパソコンでの目録作成が可能となり、負担軽減が図られます。

また、法務局で保管が可能になり、改ざんリスクや紛失リスクも無くなります。

遺言者が死亡された後、相続人や受遺者は遺言書の閲覧やデータ保管された遺言書の

画像情報等を証明する書面の交付請求が可能です。

生前整理をされる方も年々増えてきていますが、自筆証書遺言について正しく理解し、

正しい遺言書を作成していただきたいと思います。

生前整理の際には、相続対象となる美術品や骨董品、宝飾品などの換金をご決断された

方が良いケース(相続人が多い場合や関係性を考慮)もございます。

ぜひ、当社の相続診断士にご相談下さい。

top