株式会社スタンディングポイント

古着買取、ブランド品買取、金プラチナ買取、様々なリユース事業を展開

お問い合わせ



座談会

スタンディングポイントでは「想いを共有する」ことに重きを置いてコミュニケーションを図る機会が多数あります。
今回、代表の若森を始め、4名の先輩社員にスタンディングポイントらしさや魅力を企業理念やビジョン、
メンバーの価値観に触れながら、語って貰いました。

 

入社した動機や当時の想い

若林
改めて聞くけど、一番の入社動機って何だった(笑)

 

金成
自分は学生時代からヤフーオークションに興味があって、リユース業界、特にeコマースに興味があったからです。どうせやるなら、幅広い仕事を任せて貰えるような企業を探していて見つけたのがスタンディングポイントでした。今の奥さん(当時は未婚)に嬉しくて嬉しくて電話したのを覚えています。

 

若林
そうだったね。学生時代からうちのオークションストアで買い物してたお客様だったよね(笑)。

 

若林
佐藤には自分が呼び出されて、いきなり転職したいと告白されたんだよね。

 

佐藤
告白だなんて(笑)。確かに前職でスタンディングポイントの営業担当だった私から社長を喫茶店に呼び出して嘆願、そして入社させて貰いましたからね。ビックリされていたのを覚えていますよ。ただ、お客様に本当に喜んで貰える商品やサービスを提供したい、商いの原点をスタンディングポイントなら学べるし、身につくと確信していたんです。

 

若林
伝説に残る3時間に渡る白熱した面接だった。懐かしいな(笑)。

 

写真

 

バイヤー職の魅力、現在の仕事

佐藤
今ではエコスタイル事業部の責任者ですが、バイヤー店長候補として入社した当時はブランド品の知識は全くといって良い程無く、社長や先輩の教えを乞いながら、自ら勉強する時間を設けて、積み重ねてきた事が早期に活躍できた要因だと思っています。知識や経験の数に比例して、お客様からの「ありがとう。」「助かるわ。」「スッキリした。」「孫に何か買ってやろうかなあ。」など、多数のお声を聞けた事が高いモチベーションにつながりました。バイヤー店長、エリア長を経て、現在は事業部の統括責任者を任せて貰っていますが、今でも買取業務は好きですし、バイヤー職は次世代にモノを繋ぐ、非常に魅力ある仕事だと誇りに思っています。

 

金成
私は入社当時から古着やブランド品にも興味があったんですよね。でも、かなり偏っている知識しかなくて、入社したら、「深いなぁ…。」と思いました。部長や先輩からの細かな指導の下、自分から多数の情報を取りにいけるバイヤーに成長する事が出来ました。送料無料で全国から受付している宅配買取の責任者を経て、現在はeコマース全体の店長を任せて貰っています。洋服、ブランド品、時計、アクセサリーに至るまで幅広い商品が私やアルバイトスタッフさんの手を介して、日本のみならず海外にまで大切に使って貰えるお客様に提供できている事は私にとってこの上ないやりがいです。

 

写真

 

成長機会の多い会社

河西
「成長できたなぁ」って常日頃から両親や奥さんに話をしてます。商品知識は経験年月も影響するとは思いますが、店舗の数値や部下のマネジメントなど前職までの経験とは比較にならない多くの機会を貰っています。だから、当然なんですけどね(笑)。先輩や直属の上司が真剣に向き合ってくれて、1人の男としても成長できたと思ってます(笑)。」「立浪はどうかな?」

 

立浪
自分は入社してすぐ社長の直下で営業経験とか他では有り得ない経験をさせて貰いましたからね。成長せざるを得ない環境ですよね。今はバイヤー店長としてお客様とお持ちいただいたお品物についてのお話をしながらお見積りをして、喜んでくれて、「また来ますね。」と笑顔で言われる瞬間がお役に立てているという実感があって楽しいですね。

 

写真

 

企業理念・ビジョン

佐藤
そうだね。バイヤー職は本当に花形の仕事だね。リユース事業にとっては、買取や仕入こそがお客様の感動の源泉と言っても過言では無いからね。お客様とバイヤーとの接点からすべてのモノ語りが始まるんだよ。

 

若林
ビジョンである「リユースで世界を豊かにする」を実感する為には規模は必要だと思ってるし、その為には新たなリーダーが必要だと思っている。ただ、それ以上に「人」を大切にする会社でありたいかな。でなければ、社員が誇りに思える会社とは呼べないと思っているから。スタンディングポイントには、もっともっと人財が必要だと思っている。高いビジョンを掲げ、国内外で自分たちのサービスを提供できる機会、場所をドンドン創造する事。それが結果、社員の生活向上も勿論、そのバックグラウンドにある家族の生活向上の為にもスケールしなければならないと思っている。

 

金成
創立記念式典には奥さんを連れて参列させていただきましたが、周りのメンバーのご家族にも多数ご参列いただきましたしね。人間、1人では生きられない。そこまで強くはない。支えられて今、この仕事が出来ていると思える感動的な記念式典でした。自分にも娘が生まれ、家を購入し、当たり前のように幸せを手に入れているように思ってしまう事もありますが、すべては人と人との出逢いの連続の中で生まれた奇跡のようなご縁だと思っています。

 

写真

 

企業理念・ビジョン

河西
会社の目指す方向性やビジョンが不明瞭な会社が多いと友人からも聞きますが、スタンディングポイントはわかりやすく共有して貰える場が用意されている事は素晴らしい事だと私は思います。会社創りに参加している実感と言いますか、そう思いながら仕事が出来ている事、同じ想いを持った仲間が多く存在している会社だと私は思います。

立浪

私のビジョンは会社のビジョンを達成する為、店長としての経験をさらに積み上げ、新規出店の立ち上げ、既存事業がブレイクするような新たなサービスの創造や展開にチャレンジしたいです。30歳までには新規事業の責任として、部門を立ち上げ、分社化して社長になりたいと思っています。

 

若林
いいね。自らの手で無いモノは創り上げる前のめりな姿勢が本当に大事。そして素晴らしい価値ある時間を提供し続けられる会社でなければならないと自分自身、強く思っている。スピード、チェンジ、チャレンジ、感動の共有、誠実の実践。若い社員が活躍、時代を創っていけるワクワクする企業でありたい。

 

写真

 

 

top