1. HOME
  2. 社風で知る当社
  3. 充実した研修制度
  4. 充実した研修制度

社風で知る当社

corporate culture

研修制度
充実した研修制度

充実した研修制度

SP大学

入社後、新入社員は2ヶ月半、中途社員は1ヶ月半、SP大学という入社後研修を本社にて行います。創業の原点から企業理念、ビジョン、大切にしている価値観、社内ルール、ビジネスマナー、商品知識、接客応対スキルなど、多岐に渡ります。

当社の特徴は「教科書」が存在していることです。「教科書」があるんですねと驚かれる方もいらっしゃいますが、教育の均等化を図ると共にアップデート(PDCAを回す)を可能にする為、トップダウンではなく、メンバーが主体的に製本しました。教育責任者が教科書をベースに各業務内容の目的を添えながら、本社の研修室や宅配買取や店頭買取のOJT研修まで行います。

入社後は社内試験もありますので、振り返りやフォロー体制も万全です。先輩社員がリーディングしてサポートしますので、心配ありません。

3KM研修

入社後、3KM研修の時間を設けています。3KMとは3つのK(個人・家庭・会社)をM(目標・マネジメント)するという意味があります。目標を紙に書いて保有している人は書いていない人よりも達成する可能性が相当高まるという統計から、個人と家庭と会社の3つの目標設定をする時間を設けています。慣れている先輩社員の多くは各自書いて持ち歩く事が習慣化されており、毎朝、目標を見返す事で自分自身の現状とのギャップを捉える事が可能です。ギャップに気付ける習慣があるからこそ、埋める為の行動を考えられるようになると考えています。実際、書いた目標(昨年できなかった事)の60%程度を達成する事ができるメンバーが増えています。明確な指標を人生に持つ事でブレない人生を歩む事ができます。

 

内定者研修

当社では、新入社員の内定者研修が用意されております。入社前に心と頭の準備を進めていきます。9月に内定者一同が集まり、先輩社員とBBQを開催して交流機会を設けています。その際、課題や入社後の社内試験についても触れ、出来る限り、入社前の不安を取り除きます。

10月の内定式終了後、11月・12月・1月に集まり、課題図書や研修用映像などを用いた勉強会を開催し、社会人として自立できるようにサポートをしています。

AACD研修

当社は、一般社団法人 日本流通自主管理協会(略称 AACD)に加盟しており、同協会の提供している「eラーニング」の受講をはじめ、定期開催されている委員会研修に参加しており、不正品に対する目利き力を随時、社内で共有しております。また、自社独自で集まる情報を別途蓄積し、協会への提供や確認、基準外の判定品について随時データベース化を進めています。「協会基準判定士」も社内に複数名、在籍しており、協会の目的や取り組みに賛同し、反社会的勢力の排除や不正品撲滅に対する啓蒙活動を行ってまいります。

社長塾

代表の若森が主催している「社長塾」という社内勉強会がございます。「社長塾」では、課題図書についてディスカッションしたり、自社に置き換えて考えてみる機会や社外の方をお招きしての交流勉強会などを有志メンバーに対して実施しています。将来のリーダー育成や理念やビジョン浸透の時間にする意味を込めてエリア毎に毎月実施しています。

その他

その他、外部研修として、「7つの習慣研修」や「評価者研修」「リーダー研修」「識学研修」「すごい会議」など多種多様な研修を受講してまいりました。毎年1つテーマを決め、研修プログラムを導入、自社の状況に最も効果的であると経営陣が判断したものを共有、学びの機会を提供しています。