1. HOME
  2. Blog

BLOG

ブログ

最新記事

15期スタート

創業19周年目、設立15期目を迎えました。 色々なデータはありますが、創業から5年後の企業の生存率は15%程度です。 10年後は6.3%前後、20年後は0.3%前後とも言われています。 生存し続ける企業には当然、色々な理由があると思います。 個人的には、社会に対して、どのように良い影響を与えるのかが明確になっている企業だと思っています。 オーナーや経営陣、上司を見て仕事をするのではなく、理念やビジョンを見て仕事が出来ている社員の構成比が多い企業の方が質の高い仕事ができるし、ビジョンの再定義を経ながら、成長し続けられる企業だと信じています。 一瞬、儲かるのであれば、一昔であれば、投機のような物品を多量に扱うことで財を成すことは出来た業界だと思います。 私には特段、カリスマ性というものは無いですが、不要だと思っています。 経営トップが変わっても、お客様が安心して弊社と長く付き合えることが責任を果たすということだからです。 そういう意味では、理念の浸透、ビジョンの共有、価値観の共有がまだまだ浅い段階だと思います。 15期は「らしさの追求」というスローガンを掲げました。 好きなことが仕事になる時代。働く場所も会社もある意味、選べる時代です。 ある意味、働き方ひとつとってみても、多様化に動いている時代ですが、あえて弊社は逆流し、同質性の追求に努める1年にします。 この先、1年程度でしょうか、武漢ウイルス不況やオリンピック延期などの影響を受け、非常に厳しい経営状況は避けては通れないでしょう。 だからこそ、1人1人のありたい姿を常に問いかけ、会社の未来(ビジョン)と照らし合わせ、合致できる点を共有しながら切磋琢磨し、強い経営ができる組織づくり、危機管理意識の高い組織づくりに没頭したいと思います。 お客様、お取引先様、金融機関様から必要とされる会社であり続けるように一層の努力をして、来期の創業20周年を祝いたいと思います。

社長ブログ

冷静に粛々と

東京がロックダウンされるのでは!?という情報が飛び交っています。 現在の法体制では、海外のようなレベルで日本や都内をロックダウンできるような権限が有していません。 あくまでも、法律と政令の優劣関係は、「法律」 > 「政令」です。 つまり、厳しい移動制限を伴う緊急非常事態宣言は出せないわけです。 とはいえ、自粛要請は続きます。 企業毎にとるべき対応や姿勢に対して社会(世論や消費者など)からは目を向けられる機会になっていますので、自粛のレベルも高くなると思います。 いずれにせよ、事実に向き合い、冷静に粛々と考えられるだけのリスクを想定し、最適と思える決断をすることが経営者には求められています。 1.感染しにくい職場環境にマネジメントする。 2.もし、武漢ウイルスに感染した社員が出たらどうするのか決めておく。 ※公表することは義務だと思っていますが、他にも沢山すべきことはあります。 3.不況への突入。売上減少などに伴う資金繰りを事前に想定してプランを決めておく。 などでしょうか。 すべて武漢ウイルスに関わらず、経営を取り巻く環境変化に対して事前に想定して冷静かつ、スピーディーに決断できる経営に努めて参ります。

社長ブログ

新型コロナ、子連れ出勤

小学生の子どもがいて預け先がなく、在宅勤務ができない本社勤務の従業員(社員・アルバイト含む)を対象に、3月31日まで子連れ出勤(本社5Fを開放)を認めました。 大手企業のような資本も人工も存在しませんが、想いはあります。 こんな時だからこそ、できることに取り組みたいものですね。

社長ブログ

新型コロナウイルス感染症対策

安倍内閣が全国の小中学校と高校、特別支援学校に臨時休校を要請する考えを表明されました。 【首相発言のポイント】一、子どもたちや教員が長時間集まることによる感染リスクに備える一、全国すべての小中高、特別支援学校に3月2日から春休みまで臨時休校を要請する一、入試や卒業式などの実施は必要最小限の人数に限って開催するなど万全の対応を求める一、民間企業は休みがとりやすくなる環境を整え、子どもを持つ保護者に配慮してほしい一、措置に伴って生ずる様々な課題に政府として責任を持って対応する一、感染拡大を抑制し、国民生活や経済への影響が最小となるよう必要な法案を早急に準備する 日本経済新聞 3月2日から春休みの期間で実施を求められました。 実際に休校するのかは学校や地方自治体の判断となりますが、共働き家庭はご両親などの援助が無ければ仕事にも行けないことになります。 先程、役員と管理本部で簡単なミーティングを行い、従業員(社員・パートさん含む)のお子様に本社の5Fスペースを開放することにしました。 店舗ビジネスを展開しているため、店舗の営業停止や閉鎖は決断できませんが、できることは譲歩する柔軟な頭は持っておきたいものです。 早期に終息することを期待します。

社長ブログ

黒字リストラって

黒字リストラという言葉、聞いたことがあると思います。 大企業とか、中小企業に関わらず、黒字経営の時に、大量閉店したり、早期退職を促したりする、リストラクチャリング。 ここ最近の大手メーカーのリストラの対象は45歳前後の従業員が多いようですが、年齢に関わらず、価値観が合わない従業員、創造性の低い従業員らしいですね。 確かに、自社の弱みは何でもアウトソースができる時代。 自社の強みに集中する上で必要不可欠なものは創造性。 創造性のある人はインプットの量がそれなりに多く、仕事に対する姿勢にも良い変化を自ら促すことができる人だそうです。 このままで良いと思っている=変化のない仕事を好み、仕事を抱え込むのでは困ったもの。変化も好まないし、+勤勉性でもない人は流石にリーダーとして据え続けるべきではないと私もそう思います。

社長ブログ

SDGs

これまで、ステージが異なるため、各国の課題は異なり、他国の課題は隣の庭のような捉え方をしてきましたが、2030年SDGs達成という地球全体の視点で定めた目標に意味があると個人的には考えています。 17の目標と169のターゲットがあります。 弊社のCSR活動は、「目標1.貧困をなくそう」と「目標3.すべての人に健康と福祉を」のゴールに貢献できる活動です。買取1点につき、1本のBCGワクチン1本分の寄付金を発展途上国に寄付する活動を10年以上、継続しています。 また、弊社のリユース事業は「目標12.つくる責任、つかう責任」の中の5番目、「予防、削減、リサイクル、および再利用(リユース)により廃棄物の排出量を大幅に削減」に貢献できる事業であり、今年で創業19周年を迎えます。 組織として、2030年、SDGs達成に単位やエリアはどうであれ、どう貢献できるかを考えてみたいと思います。結果、サスティナブルやサーキュラーエコノミーの市場が拡大し、弊社の事業も存続し、加速することができると個人的には思っています。 一方、これまでにない、破壊的なデジタルシフトの時代に入ります。 リユース市場は拡大するが、リユースショップの市場は拡大しないと言い切る経営者もいらっしゃいますが、確かに変化はさらに激しくなります。ただ、これはどの業界も言えることです。 破壊的なデジタルシフト時代に限らず、困難な時を乗り越え、生き続ける中小企業に求められるものは「創造性(=主体性)」と「同質性(=共通の価値観=規律)」だと思っています。 創造力のある社員、規律正しい社員で組織を構成し、厳しい時代の経営の舵とりをしていきたいと思います。

社長ブログ

同質性を重視する

組織として、人材の多様化に対する順応性などが叫ばれ、数年が経過しました。 多様化(ダイバーシティ)に順応できる経営の必要性は感じているものの、経営者である私が組織の風土として大切にしていきたい価値観やメンバーが共に働く上で重要視していることとの乖離が少なからず組織に産まれている気がします。 100名にも満たない組織。 まだまだ「同質性を重視する経営」を軸に採用や育成を進めるべき時。 多様化よりも同質性を重視した採用と育成に今一度、力を入れていこうと思う次第です。

社長ブログ

リーダー論

価値観の共有が企業文化を形成する。 経営者同士の話の中でNo2やリーダーの仕事の領域や求める姿やあるべき姿について話が出る機会があります。 あげられる条件の多くに、「人を動かすことができるリーダーシップ」と「お金を生み出す力」が備わっているかどうかということが挙げられます。また、No2に関しては、性格がトップとは異なる人材や仕事の領域が異なる人材が望ましい等も言われたりします。 大胆な経営者ほど、完璧ではありませんから、足りないものを補う圧倒的な人材を傍に置いて経営されているのを大企業となられたメガベンチャーの経営陣の仕事について書かれた本や経済紙から知ることができます。 いずれにせよ、経営トップの考えるビジョンや大切にしたい価値観を暗記レベルではなく、言動に現れている人材をNo2を始め、リーダーとして据えなければならないことは確かなことだと思います。 また、理念やビジョン同等にチームを組成する上で価値観が重要です。 当社には、「誠実」「知識」「一流」「主体性」「一体感」、この5つの価値観を体現できる人材を評価するという方針があります。 逆に言えば、この5つの価値観を体現できるチームを組成できるリーダーこそ、当社の未来を創り続けることができる人材ということになります。 正直に経営する。知識を軽視しない。一流と付き合い、一流を学ぶ。自ら感じるギャップに愚痴や弱音を吐くことなく、前向きに行動で埋めることができる。そして、チームに一体感を生み出せることが出来る人材が経営陣の条件。 でも、結局は経営者が覚悟を持って社員と向き合い、共に歩むことができるチームを組成できるリーダー層を育てることが出来るかどうか。まだまだ小さな会社にとっては、これが答えのような気がします。

社長ブログ

催事イベントスペース募集

弊社が運営するエコスタイルによる鑑定買取の催事イベントを9月より複数開催させていただいております。 現在、口コミにより、スーパー様やマンション管理会社様(管理組合様)からのご要望・クエストも頂戴しております。 マンションにお住まいのお客様より、「次いつ来るの?」「今度は出張買取に来てくれる?」「来てくれるから移動が少なくて便利」といったお声を頂戴しております。 マンションイベントを企画・運営されている管理会社様や管理組合様、ぜひ、一度、お問い合わせください。 過去の開催実績はこちら▶▶▶

社長ブログ

イノベーション

12月号の「致知」を読みました。 ドラッカー学会理事の佐藤様のお話の中があり、イノベーションとは「大切なものを守りながら、何かを変えなければならないということ。そのための方法がイノベーション」というような紹介がありました。 また、イノベーションは組織のために行うのではなく、社会や顧客の要求や期待に応えるために行うものであると。 存在することが目的ではない。存在し続けることも目的ではない。 使命感を持ち、強みを活かし、イノベーションの機会を見つけ出せる組織でなければならない。強みは考えるものではなく、あるものに集中し、その中から棄てる上で見出すも。 業界は戦国時代、そして再編の時、弊社もあるものに集中し、棄てる時なのだと思う。 企業価値を向上させるために内部の充実を一層図りたい。

社長ブログ